カッコいい家、かわいい家


自然素材にこだわる茨城県の建築会社。

PLUS DESIGN 株式会社プラスデザイン

工法について

長く暮らすことのできる家をつくるには、災害に強いしっかりとした構造設計が必要です。茨城県(鹿嶋市、神栖市、潮来市)を中心に活動する一級建築士事務所・工務店プラスデザインは安全対策も万全です。

木造軸組み工法とは

プラスデザインの家は「木造軸組み工法」「ベタ基礎」で建てています。木造住宅には、大きく分けて木造軸組、ツーバイフォー、木質プレハブ、の三つの工法があります。大手ハウスメーカーがツーバイフォー工法を採用して住宅の大量生産を可能にし、現在の日本では広く普及していますが、プラスデザインはツーバイフォー工法は行わず木造軸組み工法で家を建てます。

木造軸組工法は日本で古くから採用されている工法で、在来工法とも言われています。この工法は簡単に言うと、柱や、床梁(はり)、小屋梁・桁材などに比較的太い木材を使用し木の軸を組み立て、柱間に筋交いを入れて十分に補強し、建物を支えるやり方です。日本古来の木造建築技術が根底にある工法ですが、近年、耐震構造などが年々進化しています。

木造軸組工法の特長は、デザインや間取りの自由度が高いこと。壁の配置に制約が少ないため窓や出入口など、開口部を広く取り、比較的自由にレイアウトすることができます。また、暮らしに合わせて増改築がしやすいことも大きなメリットです。

構造体を支える基礎工事は、基礎から立ち上がり部分までコンクリートを打つ「ベタ基礎」で行います。ベタ基礎は、強度はもちろん床下の湿気対策にも有効で、寿命の長い住宅を作るうえで非常に大切です。

筋交いと金物で耐震性を高めます

一級建築士事務所・工務店、プラスデザインは、耐震性にも強いこだわりを持っています。大きな震災を何度も経験しているわが国では、建物の耐震性は近年ますます重要視されています。

有名住宅メーカーでもさまざまな耐震性・免震性などを売りにする住宅を販売していますが、軽くて強い木材で家を作る木造軸組み工法は、日本のような地震が多い国に適した家の建て方です。何百年も倒壊せずに建っている古い寺院などをイメージしていただくと、ご理解いただけると思います。

私たちが建てる家では、建物の強度を高めるために重要な筋交いを、構造計算上必要な数の2~3割増しで入れ、構造体を強化しています。また、木造軸組工法の強度をより高める耐震金物も使用。木材と木材の接合部分に特別な金具を使うことで何倍もの強度をもたせ、さらに耐震性を高めた家づくりをしています。